Page: 1/13   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
2007.09.15 Jリーグディビジョン2 第40節
徳島ヴォルティス vs 湘南ベルマーレ
○2-0(前半1-0、後半1-0)

■得点(徳島のみ)
23分 小林康剛
右 11 〜 中央 → 9 〜 右足S
57分 片岡功二
左 6 スローイン ↑ 中央 相手DF クリア こぼれ球 11 左足S

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:30 鈴木正人
DF:3 石川裕司、4 青葉幸洋、6 西河翔吾
MF:32 塩川岳人、17 丹羽大輝、31 熊林親吾、11 片岡功二、8 ダ・シルバ
FW:33 長谷川太郎、9 小林康剛
SUB:GK 21 島津虎史、DF 16 挽地祐哉、MF 24 小山拓土、MF 14 石田祐樹、FW 25 大島康明

■交代(徳島のみ)
76分 長谷川太郎 → 大島康明
89分 小林康剛 → 石田祐樹

■警告(徳島のみ)
64分 西河翔吾
67分 青葉幸

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
キックオフ:19:04
天候:曇のち雨
気温:27.3℃
湿度:86%
ピッチ:全面良芝、水含み
入場者数:3,173人
主審:砂川恵一


■今井雅隆監督コメント
【ハーフタイム】
1点リードしているが、0-0のつもりで後半入ろう。
もう少し判断を早くしよう。
落ち着いてボールを動かしていこう。

【試合後】
小林が欲しかったゴール(先制点)を決めてくれて良かった。
全体的に落ち着いてゲームコントロールできたと思う。
相手が1人欠けたときに少しバランスが崩れたがすぐに修正できた。
加点した時間帯も良かった。
選手たちがよくやってくれた。
ホームで勝つことが一番望ましいことで、サポーターのみなさんも、我々チームも、関係者も一緒の喜ぶことが出来る。これからも今日のような展開の試合をしていきたい。

■片岡功二選手コメント
みんなの気持ちがひとつになったゴールだと思います。
ディフェンスが頑張ってくれているので、ゴールできて良かったです。
サポーターのみなさんとは、常に共に戦っていると思っています。
次のアウェイも結果を出して、ホームに戻ってきたいです。

■丹羽大輝選手コメント
しばらくホームで勝てなくて、8連敗も経験してきた中で、苦しい経験を次に生かしていくことができた。
結果としては失点0(無失点)だが、まだ修正していくべき点はあるので、しっかり守備から入って攻撃につなげていきたい。


■小林康剛選手コメント
出場した試合では、毎試合得点したいと思っていて、ようやく決めることが出来た。
苦しい時にも、みなさんがずっと応援してくれてありがとうございます。
応援してくれる人たちがいるおかげで、好きなサッカーができると思っています。
残り試合も出場して、勝てるように頑張ります。


公式サイトには、『攻守にわたる活躍をみせた丹羽大輝選手』というキャプション付きの写真が掲載。
| きし | 23:55 | comments(11) | trackbacks(0) |
2007.09.09 Jリーグディビジョン2 第39節
ザスパ草津 vs 徳島ヴォルティス
△0-0(前半0-0、後半0-0)

■得点(徳島のみ)
なし

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK: 30 鈴木正人
DF:3 石川裕司、4 青葉幸洋、6 西河翔吾
MF:32 塩川岳人、17 丹羽大輝、31 熊林親吾、11 片岡功二、8 ダ・シルバ
FW:33 長谷川太郎、9 小林康剛
SUB:GK 21 島津虎史、DF 13 金尚佑、MF 16 挽地祐哉、MF 14 石田祐樹、FW 25 大島康明

■交代(徳島のみ)
60分 片岡功二 → 大島康明
68分 長谷川太郎 → 石田祐樹
83分 小林康剛 → 挽地祐哉

■警告(徳島のみ)
64分 ダ・シルバ

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:群馬県立敷島公園県営陸上競技場
キックオフ:19:03
天候:晴時々曇、弱風
気温:27.8℃
湿度:75%
ピッチ:不良、乾燥
入場者数:3,297人
主審:辺見康裕


■今井雅隆監督コメント
【ハーフタイム】
コンディションの差が明らかにでているが、後半は、盛り返してワンチャンスを狙っていこう。

【試合後】
結果については両チームで明暗が分かれたと思うが、我々としては望みどおりに近い結果で終わり、選手たちもそれなりに満足して徳島へ帰れると思う。
厳しい戦いを強いられることが予想されただけに無失点に抑えられたことは現在のチーム状況からはプラスになり、ホームに帰れる結果だったと思う。

■小林康剛選手コメント
連勝を目指して戦っただけに悔しい結果に終わってしまった。
もっと自分たちのサッカーが出来るはずなのに小さなミスが重なり、思うようなゲーム内容ではなかった。
次のホームでは必ず勝ち点3を取りたい。

■丹羽大輝選手コメント
短い期間での連戦で、なおかつアウェイでの試合で勝ち点1を取れた事や2試合連続無失点に抑えられたことをプラスに考え、次の試合までにいい準備をしていきたい。


■西河翔吾選手コメント
何としても連勝したかった。この試合で勝ち点3を取れればザスパとの勝ち点差を縮められたし、今後の試合展開にも大きな影響を及ぼす可能性を秘めていただけに悔しい思いがある。
ただ、無失点で勝ち点1を上積み出来たことをポジティブに考え、今日の勝ち点1が無駄にならないような戦いを今後続けていきたい。
| きし | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
札幌戦に向けてと振り返って
【J2:第28節 徳島 vs 札幌 プレビュー】順延されたことによってそれぞれ変化した両チーム。徳島がやや調子を落とす札幌から金星を奪えるか!? [ J's GOAL ]

【J2:第28節】徳島 vs 札幌:ハーフタイムコメント [ J's GOAL ]
【J2:第28節】徳島 vs 札幌:今井雅隆監督(徳島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第28節】徳島 vs 札幌:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
【J2:第28節 徳島 vs 札幌 レポート】悔しさと苦しみを乗り越え生まれ変わった徳島が3得点! 首位・札幌を降し、約半年ぶりにホームで勝利! [ J's GOAL ]
徳島金星、首位札幌に3−0 堅守崩し片岡先制、石田2発

本当に久しぶりの勝利!
そしてホームでは2勝目!!
ここまで本当に長かったです。
とにかく『嬉しい』としか言えません。
| きし | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.09.05 Jリーグ ディビジョン2 第28節
徳島ヴォルティス vs コンサドーレ札幌
○3-0(前半1-0、後半2-0)

■得点(徳島のみ)
29分 片岡功二
中央 33 → 9 〜 シュート 相手GK こぼれ球 11 ヘディングS
80分 石田祐樹
中央 25 → 相手DF カット こぼれ球 14 〜 右足S
82分 石田祐樹
中央 相手DF クリア こぼれ球 11 → 14 〜 右足S 得点

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:30 鈴木正人
DF:3 石川裕司、4 青葉幸洋、6 西河翔吾
MF:32 塩川岳人、17 丹羽大輝、31 熊林親吾、11 片岡功二
FW:33 長谷川太郎、10 クレベルソン、9 小林康剛
SUB:GK 21 島津虎史、DF 13 金尚佑、MF 16 挽地祐哉、MF 14 石田祐樹、FW 25 大島康明

■交代(徳島のみ)
57分 長谷川太郎 → 大島康明
68分 小林康剛 → 石田祐樹
75分 クレベルソン → 挽地祐哉

■警告(徳島のみ)
17分 青葉幸洋
25分 塩川岳人
57分 熊林親吾
62分 大島康明

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
キックオフ:19:04
天候:晴、弱風
気温:29.1℃
湿度:65%
ピッチ:全面良芝、乾燥
入場者数:1,802人
主審:東城穣


■今井雅隆監督コメント
【ハーフタイム】
最終ラインと中盤の間のセカンドボールを拾っていこう。
ボールをもっと早く動かして、シンプルにプレーしていこう。

【試合後】
全員がやろうとしていることを90分間やりきれたことが勝利につながった。
前半、ロングボール・セカンドボールが拾えずに苦しい場面もあったが、PKを阻止したことで落ち着いてきた。
時間が経つにつれ、選手の動きもよくなってきて、タフに90分間戦えた。
いいゲームを見せることができ、幸せな気分をみんなと味わえてよかったです。

■鈴木正人選手コメント
試合に出ることは今日言われて、もう一度札幌の試合を見直して、試合に臨んだ。
PKについては、止めることで、流れを引き寄せることができると思ったので、止めることができ、あとはしのげれば勝てると思った。とにかくボールをゴールに入れさせないことを考えていた。
今日の勝ちは自信にはなるけれども、次勝たなければ意味がないので、みんなで一つになって一戦一戦頑張っていきたい。

■片岡功二選手コメント
本当に久しぶりのホームでの勝利で素直に嬉しいです。
コバ(小林康剛選手)が積極的にゴールを狙っていたので、こぼれ球を狙っていて決められたゴールです。
今日の自信を次の試合につなげていかないといけないので、次の試合が大事になります。次も勝利します。今日はありがとうございました。

■石田祐樹選手コメント
得点できたことは良かった。
でも、前半にマサくん(鈴木正人選手)がPKを止めれくれたので、流れが変わった。
ピッチに入った時は、点を取ることだけを考えていた。積極的に打って行こうと思っていて、得点出来てよかった。
ホームで約半年勝ちがないなかでも応援し続けてくれたサポーターのみなさんの力で今日は勝てたと思います。残り試合も応援よろしくお願いします。
| きし | 23:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
京都戦に向けてと振り返って
【J2:第38節 京都 vs 徳島 プレビュー】連敗を止め意気あがる徳島を迎え撃つ、前節無得点の京都。攻撃が本調子に戻らない京都の勝利の鍵は追加点 [ J's GOAL ]
粘りの守備で対抗 2日、京都戦

【J2:第38節】京都 vs 徳島:ハーフタイムコメント
J2:第38節】京都 vs 徳島:今井雅隆監督(徳島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第38節】京都 vs 徳島:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
【J2:第38節 京都 vs 徳島 レポート】徳島の術中にはまり京都大苦戦。チアゴのホーム西京極連続ゴールで何とか引き分けに持ち込む [ J's GOAL ]
徳島は、アンカーに丹羽大輝を置き、中盤左に熊林親吾、右に挽地祐哉を配置。京都の両サイド、徳重隆明、倉貫一毅が中に入ってくれば丹羽が、京都ボランチの斉藤大介、石井俊也を熊林と挽地が抑えて京都の中盤を封じようとした。

徳島ドロー、最下位脱出 長谷川先制弾、粘り強い守り見せる
後半もGK島津の好セーブやボランチ丹羽と石川、青葉のセンターバックを軸とした粘り強い守りで京都の猛攻をはね返していたが、終盤、CKからチアゴに一瞬のすきを突かれた。


なぜかキックオフを18時半と勘違いしており少し遅刻しての到着だったのですが、得点シーンには間に合いました。
前半は良い展開だったけれど、後半は京都の猛攻に。
ふんばっていたのですが、最後に失点…。
久しぶりの勝ちと思っていただけに、かなりガックリしました。
ただ、前半においては悪い内容ではなかったので、次節につなげていって欲しいです。
| きし | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.09.02 Jリーグ ディビジョン2 第38節
京都サンガF.C. vs 徳島ヴォルティス
△1-1(前半0-1、後半1-0)

■得点(徳島のみ)
32分 長谷川太郎
左 31 → 11 ↑ 中央 33 右足S

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:21 島津虎史
DF:3 石川裕司、4 青葉幸洋、15 冨士祐樹、16 挽地祐哉
MF:32 塩川岳人、17 丹羽大輝、31 熊林親吾、24 小山拓土
FW:11 片岡功二33 長谷川太郎
SUB:GK 30 鈴木正人、DF 13 金尚佑、DF 6 西河翔吾、FW 25 大島康明、FW 9 小林康剛

■交代(徳島のみ)
54分 小山拓土 → 小林康剛
66分 長谷川太郎 → 大島康明
88分 片岡功二 → 西河翔

■警告(徳島のみ)
49分 冨士祐樹
81分 青葉幸洋

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
キックオフ:18:04
天候:晴、弱風
気温:27.1℃
湿度:76%
ピッチ:全面良芝、乾燥
入場者数:5,581人
主審:山西博文


■今井雅隆監督コメント
【ハーフタイム】
立ち上がり落ち着きがなかったが、相手の攻撃に徐々に慣れ、リズムがつかめるようになった。
ボールをもっとつなげるようにしよう。
前線のコンビネーションをよくしていこう。

【試合後】
ゲーム内容は思い描いた通りにできた。イメージよく試合に入れた。
ただ、流れの中でしてはいけないプレーが出たり、1人1人も、グループでも厳しさや判断の早さが必要なところがあり、このままでは勝ちゲームにはできないと感じた。

■島津虎史選手コメント
失点を減らし、先制点を取れるようになり、徐々に上向きになってきているので、良い部分は継続していけば結果が出てくるとに思う。
今は、誰が入っても同じゲームの流れを組み立てられるので、これも繰返し行っていくことが大事である。

■長谷川太郎選手コメント
今日のゴールはチーム全体で取ったゴールであり、チームが一丸となって戦い、奪ったゴールだと思う。
引き分けに終わってしまったが、今日のようなゲーム展開を続けていくことで、良い結果を得られると信じてこれからも戦っていきたい。
| きし | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.08.30 Jリーグ ディビジョン2 第37節
徳島ヴォルティス vs 愛媛FC
△1-1(前半0-0、後半1-1)

■得点(徳島のみ)
73分 石田祐樹
中央 14 → 左 25 ↑ 中央 14 ヘディングS

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:21 島津虎史
DF:17 丹羽大輝、 3 石川裕司、4 青葉幸洋、16 挽地祐哉
MF:32 塩川岳人、8 ダ・シルバ、31 熊林親吾
FW:11 片岡功二、9 小林康剛、33 長谷川太郎
SUB:GK 30 鈴木正人、DF 15 冨士祐樹、DF 6 西河翔吾、MF 14 石田祐樹、FW 25 大島康明

■交代(徳島のみ)
68分 長谷川太郎 → 大島康明
68分 小林康剛 → 石田祐樹
89分 挽地祐哉 → 冨士祐樹

■警告(徳島のみ)
41分 挽地祐哉
74分 ダ・シルバ
79分 石田祐樹

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
キックオフ:19:04
天候:晴、弱風
気温:27.4℃
湿度:80%
ピッチ:全面良芝、乾燥
入場者数:3,423人
主審:今村亮一


■今井雅隆監督のコメント
【ハーフタイム】
前半の出来は悪くはない。
守備ラインは集中を保っていこう。
攻撃面は途中からボールが前に入らなくなったのでFWの動き出しなど工夫していこう。

【試合後】
前半の内容は悪くなかったが、後半先制され、安定感に欠けてしまった。
選手たちの頑張りが光った試合だったと思う。
サポーターのみなさんに勝ちがプレゼントできず残念だが、ひとまず連敗を止めたことを今後につなげていきたい。

■大島康明選手コメント
久しぶりの出場でゲームに飢えていたし、ゲームを楽しむことができたと思う。
サポーターのみなさんも、もちろん選手たちも勝利が欲しかったので、結果としては残念です。
試合の間が短いですが、いい状態で試合に臨み、勝利をみなさんに届けたいです。

■石田祐樹選手コメント
オーシ(大島選手)とは、同じ意図を持ってプレーできた。その結果、得点できたと思う。
負けなかったことは良かったけれど、勝てる試合だったと思うのでもう1点取って勝ちたかった。
| きし | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.08.26 Jリーグ ディビジョン2 第36節
東京ヴェルディ1969 vs 徳島ヴォルティス
●1-0(前半0-1、後半0-0)

■得点(徳島のみ)
なし

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:21 島津虎史
DF:17 丹羽大輝、3 石川裕司、4 青葉幸洋、16 挽地祐哉
MF:32 塩川岳人、8 ダ・シルバ、11 片岡功二、31 熊林親吾
FW:14 石田祐樹、33 長谷川 太郎
SUB:GK 30 鈴木正人、DF 15 冨士祐樹、DF 6 西河翔吾、MF 24 小山拓土、FW 9 小林康剛

■交代(徳島のみ)
55分 石田祐樹 → 小林康剛
73分 片岡功二 → 小山拓土
86分 長谷川太郎 → 西河翔吾

■警告(徳島のみ)
10分 石川裕司
68分 小林康剛
83分 丹羽大輝
89分 西河翔吾

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:国立競技場
キックオフ:19:03
天候:晴、弱風
気温:28.6℃
湿度:69%
ピッチ:良芝、乾燥
入場者数:5,243人
主審:野田祐樹


■今井雅隆監督のコメント
【ハーフタイム】
試合開始早々の失点を除けば、全体的にリズムは悪くない。
マークのズレがあるので後半はズレないように修正したい。
サイドをもっと使って思い切って行こう。

【試合後】
あまりにも早い時間帯に失点してしまったものの、選手たちはよく踏ん張って持ちこたえてくれた。
運動量等もヴェルディに劣ることなく90分を通して戦えたが、最後の部分でゴールを決めきれない所が課題である。
わざわざ応援に来てくれたファンやサポーターへは、勝利をプレゼントして帰ってもらいたかったが、それがかなわず残念だった。

■石川裕司選手コメント
立ち上がりに失点してしまったのが痛かった。
久しぶりの公式戦であったが違和感無くプレーできた。
次のホームゲームでは連敗を止め、勝ち点3を何としても取りたい。
そのために良い準備をしていきたい。

■片岡功二選手コメント
決めるべき時に決めないと勝てないことを改めて痛感した。
次の試合はしっかりとボールをつないでゴールを目指し、必ず得点に結び付けていきたい。
| きし | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.08.20 Jリーグ ディビジョン2 第35節
徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック
●0-1(前半0-1、後半0-0)

■得点(徳島のみ)
なし

■メンバー(徳島のみ)
監督:今井雅隆
GK:21 島津虎史
DF:17 丹羽大輝、6 西河翔吾、4 青葉幸洋
MF:32 塩川岳人、28 高橋健史、8 ダ・シルバ、11 片岡功二、31 熊林親吾
FW:9 小林康剛、33 長谷川太郎
SUB:GK 30 鈴木正人、DF 15 冨士祐樹、MF 14 石田祐樹、MF 24 小山拓土、MF 16 挽地祐哉

■交代(徳島のみ)
54分 盒況鮖 → 石田祐樹
73分 青葉幸洋 → 冨士祐樹
85分 片岡功二 → 挽地祐哉

■警告(徳島のみ)
44分 片岡功二
56分 西河翔

■退場(徳島のみ)
なし

試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
キックオフ:19:04
天候:晴、弱風
気温:28.5℃
湿度:77%
ピッチ:全面良芝、乾燥
入場者数:2,206人
主審:池田 直寛


■今井雅隆監督のコメント
【ハーフタイム】
失点してはいけない時間帯に失点してしまった。
後半気持ちを切り替えていこう。
守備はラインがさがりすぎているので、修正していこう。
攻撃は、落ち着いてボールを動かしていこう。

【試合後】
月曜ナイターにも関わらず、2000人を超えるサポーター・ファンのみなさまが足を運んでくれたのに、結果を出せず申し訳なく思います。
ゲームプランとしては、前半は0-0で行きたいと考えていました。
あの時間帯で1点取られてしまい、選手1人1人はもちろんのことチームとしての頑張り、意気込みが必要だと思います。
チームとして一つの型を見せることが出来ず、残念だし、申し訳ないです。

■熊林親吾選手
勝てなかったことは自分たちに力がないのだと思う。サポーターのみなさんに信頼してもらえるようみんなで力を合わせて積極的にやっていきたい。
| きし | 23:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
仙台戦に向けてと振り返って
【J2:第33節 徳島 vs 仙台 プレビュー】原点に立ち戻った戦いで連敗を止めたいホーム徳島。もう足踏みできない仙台との一戦は火花散る激戦必至! [ J's GOAL ]

【J2:第33節】徳島 vs 仙台:ハーフタイムコメント [ J's GOAL ]
【J2:第33節】徳島 vs 仙台:今井雅隆監督(徳島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J2:第33節】徳島 vs 仙台:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
●丹羽大輝選手(徳島):
「立ち上がりから気迫の乗ったプレーができており、1−0とリードして折り返せて非常にいい感じでしたが、後半は多少受身にまわりパスを回される時間も長くなりました。交代も多く、マークの受け渡しもしっかりできたと思いますが、個人的にはミスが失点につながり反省しています」

【J2:第33節 徳島 vs 仙台 レポート】仙台が逆転勝ちで久々の勝ち点3を奪取。しかし、敗れたとは言え徳島も『粘り強い守備』で次節への光明を見いだす。 [ J's GOAL ]
左右へ流れ起点を作ろうとする関口と中島の2トップを西河と丹羽、金が受け渡ししながら細心の注意を払ってケア。またスペースを見つけて飛び出してくる千葉をも早いタイミングで捕まえて攻撃の目をことごとく潰していった。

ただ、徳島の惜しむらくは、同点を許した後半6分の失点シーンだろう。ロペスにサイドをえぐられるスルーパスを出され、関口の折り返しをゴール前に詰めていた千葉に押し込まれた場面だ。確かにロペスのトラップが巧みであったのは間違いないが一瞬引き離された挽地、ゴール前でクリアし切れなかった丹羽と、わずかな守りの乱れが続いたことは悔やまれてならない。

徳島、1−2で仙台に逆転負け 長谷川、移籍後初ゴール
後半6分に丹羽のクリアミスを、千葉に同点ゴールされ、40分にはロペスに逆転のヘディングシュートを決められた。


久しぶりの得点にかなり期待したのですが、終わってみれば…。
しかもちょっとすっきりしない逆転ゴールだったので、あと味も悪かったです。
本当になかなか勝てないです。
丹羽がCBに入ったのを観たのが初めてだったので楽しみにしていたのですが、ちょっとマークにつき切れてないところやらが目立ってしまった感じで残念でした。
| きし | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Search

エントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

管理人

リンク

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links